アスンション国際空港(Aeropuerto Internacional Silvio Petirrossi)

出来事
09 /22 2005
(4日前の出来事を、投稿日時を指定して書きました)

日本から来パする娘の知人をお迎えにアスンション国際空港まで迎えに行った
片道5時間、往復10時間の強行軍で
到着便は午前11時50分の予定なので、出発は早朝5時半
息子の運転で、娘と私の3人で順調にドライブ
予定より30分ほど早く空港に到着(10時半)
aeropuerto1.jpg


待つこと1時間少々、成田→ダラス→マイアミ→サンパウロを経て到着予定時刻ジャストにアスンション国際空港に到着

そろそろ荷物検査所から出てくるかなと、出入りする人の隙間からドアの奥を覗くと本人が検査員とやり取りしている様子が窺えるので
ドアの外にいる警備員に
  「あの方は日本からお客さんで、スペイン語がわからないので
   通訳するために入れていただけないでしょうか?」
とお願いすると、入れて頂けた

いつものように、この客からは金を取れそうだと目をつけられたらしく、なんでもないものに難癖をつけて時間がかかっていたらしい
が、娘が通訳する必要も無くその後すぐに出てきた
こんな事がある度に、この賄賂の横行が公然と行われる実態が恥ずかしく
どうにかならないものかとかと思うのだった

帰りも順調に。。。と言いたい所だが制限速度オ-バ-で違反切符を切られてしまった。。。
その後は順調にドライブ、
午後5時半無事我が家にお客さんをお連れすることが出来た

hansand.jpg

待ち時間に空港の喫茶店で食べたボリュ-ムたっぷりのツナサンドとコ-ヒ-
パラグアイが少し進歩したな~思うところは
お皿の端に乗っかっているトマトを利用した付け合せの花
見栄えを良くするために何かをするということが皆無だったのに
最近はこう言う事もするようになったのだ~~
(しかしこの花は、剥いた皮を利用して丸めただけのものだった

コメント

非公開コメント

二・キさん!
娘も昨日パラグアイを発ちました!
3週間の滞在でしたがv-206
パラグアイで生まれ育った娘ですから
5年間のブランクもなんのその
すっかりパラグアイ人になってました
スペイン語はたどたどしくなってましたが。。。

お客様は短い滞在でしたので十分なおもてなしも出来ませんでしたが、パラグアイの生活ののどかさだけは伝わったのではないかなと思います。。。

abuさん、ごきげんよう~(^^)

お客様を空港までお迎え、ご苦労様でした。
以前にも空港での荷物のお話を書いていましたよね~。
日本からのお客さまが、うまく出てこられて良かったですね。

空港のサンドイッチセット、美味しそうですね♪
薔薇の飾りが綺麗で、しゃれてますよー!
トマトの皮を丸めてっていうのも、アイデアものですねー(^_^)v

日本からのお客様がパラグアイの滞在を楽しまれますように・・・
娘さんもまもなく出発されるのでしょう~。
abuさんも色々とお忙しいですねーー☆

HN *abu*

刺繍データ作成(ブラザー刺しゅうデータ作成ソフト)、ソーイング、余暇にネットサーフィンも楽しんでます。。。

幼い6人の孫の喜ぶ顔が刺しゅうデータ作りの糧になってます。。。